新米エンジニアの現実。いきなりやりたい事は出来ない。

新米エンジニアの現実。いきなりやりたい事は出来ない。

どうもかっしーです。

僕は、エンジニア未経験でIT企業に転職し現在はSES契約でテスターとして現場に常駐して働いてます。

 

テスターとしての仕事はアプリケーションの動作確認をしてバグや不具合を見つける業務です。

また開発担当者が修正したバグが正常動作しているか確認をして上司に報告したりもします。

 

世の中にアプリをリリースした時、バグだらけで使い物にならないアプリを出してしまったら会社として売り上げも落ちますし、評判も悪くなっちゃいます。

なので、テストはプロジェクトの中でもめちゃくちゃ大事な仕事の一つ。

 

しかし、僕はテスターをしたくてエンジニアになったわけじゃなくてコーディングがしたい。

毎日変化がなく、同じ画面を見続けるって結構しんどい。飽きるし。

 

テスター業務が嫌すぎて営業にも相談しましたが、

「テスター半年~1年やって信用重ねてもらわないと、他の会社に紹介させづらいから今は辛いだろうけど我慢して」と言われ、

先輩エンジニアにも相談しましたが

「1年〜2年コード書かせてもらえないのは普通。若いんだから焦らないで、まずは目の前の業務に集中して」と言われました。

 

確かに、いきなりやりたい事は出来ない。目の前の仕事で着々と成果を積み重ねていった結果、信用を得られて仕事を任せられる

考えてみると当たり前のことだけど、この現実に打ちのめされました。

 

でも、正直テスターという仕事が面倒臭いという気持ちは変わらない

いくら大義名分があろうとも嫌なものは嫌だ。

もう自分がワガママなのはわかってます。

 

テスター続けるくらいなら会社辞めたいって思う。

もし1年間テスターを続けてたとしてもコード書いてないんだから開発経験もないってことになる。

てことは次の現場もテスターになる可能性が大!1年耐えたのに、開発者になれないのは辛すぎる。

 

このままではヤバイ!

今のうちに自分でWebアプリを作って開発案件に入れる可能性を上げないといけない。

幸い定時で帰れる労働環境なので、この期間を利用しようと思ってます。

Rubyが面白そうだからやってみるかー。