【エンジニア(プログラマ)になりたい人向け】実績、実務経験がない状態でエンジニアになった結果、ただ一つ伝えたいこと。

【エンジニア(プログラマ)になりたい人向け】実績、実務経験がない状態でエンジニアになった結果、ただ一つ伝えたいこと。

どうも、かっしーです。

僕は今年からほぼ未経験の状態からIT企業に転職しエンジニアになりました。

昨今、「未経験からエンジニア(プログラマー)になった」って人多いじゃないですか。

でも「転職に成功した後どんな仕事するのか」気になりませんか?

僕は実績、実務経験がない状態で転職してもすぐにコーディングできなかったので

なぜなのかというリアルを伝えたいと思います。

 

実務経験がない状態でエンジニアになった結果

 

僕の場合、入社してすぐに社内の受託案件に配属されることになります。

そこでまずはモンキーテストから始めることになりました。

モンキーテストとは

その場の思いつきで操作して問題が出ないかを確認する、直感的に行うテストのことです。

(例:ボタンを連打しまくる、テキストボックスに文字を入れる…等)

文字通り、サルになった気分で操作して不具合がでないか確認します。

モンキーテストの他にも、EXCELで作られたテスト項目を表の上から順番に操作して正常動作しているか確認する結合テストもしました。

例えるとゲームの説明書見ながら操作する感じで、特に頭を使わない誰でもできる仕事なんです。

正直1週間もすれば慣れるし、マジでつまらないんですよね。

しかも案件次第では2ヶ月~3ヶ月も同じことすることになるので発狂しそうになります。

 

企業は実務経験しかみていない

今の時代、IT業界は人手不足なので、未経験でもやる気があれば雇ってくれる会社は沢山あります。

プログラミングの学習の為、progate等のサービスを利用して勉強することはとても良いことです。

しかし、progateを3週したところで企業はその人を「プログラミングができる人」と評価してくれません。

 

エンジニア向けの求人をネットで調べてみるとわかりますが、開発経験が少なくとも半年以上の求人ばかり並んでいます。

つまり、企業が求めていることはシンプルに実務経験なんです。

 

未経験でエンジニアになって、すぐプログラムを書きたかったら

 

実務経験がないと開発者になれないんだったら転職した意味ないじゃん!」って思いますよね。

企業の立場からしても、何も実績がなく、何ができるのかわからない人を雇うのはリスクでしかありません。

なので実績を作るしかないんです。

実績というのは企業に対して「私、開発できますよ」とアピールになる成果を見せられれば良いわけです。

 

  1. 自作アプリを1から作ってGitHubにアップする。
  2. 今いる現場のソースコードをみて修正する。(責任者にはちゃんと確認しましょう

 

まだIT企業に入社していない方は、1を、すでに入社している方は1と合わせて2もできないか確かめて見てください。

 

自分に自信を持つ、自己アピールは大事

 

自分は何ができるのかをしっかり伝えることは超大事です。

せっかく自作アプリを作って実績ができても、面談の際あなたの魅力を最大限伝えられないともったいないです。

作ったからといって満足せずに一人称「業務の経験ありませんが開発できますよ!」と言えるくらい自信持ちましょう。

難しそうと思っても、開発案件に入りコーディングすることが目的なのですから、そこで謙遜していたら実務経験なしの壁を超えて開発者になんてなれません。

 

最後に

せっかくprogateや、プログラミングスクール等で勉強をしても

勉強しただけでは実質コーディングのできるエンジニア(プログラマ)にはなれないということです。

開発がしたいのであれば、今からでも自分で何かアプリケーションを一つ作ってください。

 

僕みたいに、未経験でもエンジニア転職できたけど、結局テスターばかりやらされてコード書けないって人を僕は増やしたくないと思ってます。

テスターはつまらないもので自分には合わないものだと思っています。

コーディングしてアプリを開発していくのがエンジニアの醍醐味だと思うし、今すぐテスターから抜け出したいならササッと自分でアプリ作って嫌なことから抜け出しましょう!

 

 

以上、見てくださってありがとうございました。